導入事例/ケーススタディ

カルチャースクール 回収用途:受講料回収

導入事例 株式会社NHK文化センター 様

回収用途:受講料回収

導入のきっかけ

多額の受講料を窓口までお支払いのためにお越しいただくことはお客様の安全面から好ましいものではないと思っておりました。
そこで、お客様の近所でお支払いができる環境を探していたところ、圧倒的な店舗数を持つコンビニ決済に行き着きました。

選定理由

  1. インターネットで利用できるので、専用ソフトの購入の必要がないこと
  2. 初期費用がいらないこと
  3. リコーの事務機器を多く利用しており、リコーブランドに対する安心感があること

導入効果

  1. お客様からは近所のコンビニで支払いができるので便利になったと好評
  2. 弊社では従来各教室で入金確認を行っていたものが本社で一括して行えるので事務作業の効率化が図れました

【お客様プロフィール】
昭和53年12月に設立、現在は全国に55店舗のカルチャースクールを展開。「好奇心の、その先へ」のキャッチフレーズのもと、学ぶことで豊かな心を育み、さらに一歩すすむとあらたな世界がひろがって、手ごたえのある生き方が実践できる、そうした新しい生涯学習の「場」を提供中。全国で延べ750,000人の受講者を抱え、カルチャー講座の企画・運営はもちろん旅行業務、各種講演会・催物の実施を手掛ける。

NHK文化センター:http://www.nhk-cul.co.jp/

以下では、導入事例とは別のケースをご紹介します。導入前の悩みから、導入の決め手、導入後の効果など、わかりやすく解説します。

ケーススタディ カルチャーセンターB教室

■導入前

受講料を窓口で現金回収

【ケーススタディモデル】
全国各地に教室有、窓口スタッフが入金を含む事務作業を行っている

  1. 窓口で現金授受を行うので、混雑の原因になり他のお客様をお待たせしてしまう
  2. 受講開始前に支払う必要があるので、わざわざ支払いのためだけに窓口まで来てもらうのは申し訳ない

■導入の決め手

  1. ご請求先グルーピング機能 ※1 詳細はこちら
  2. 導入コスト0円※2

※1 専用Webサイトでクラスごとに入金を管理できます
※2 Windows2000以上IE6.0以上のPC環境が必要です

■導入後

コンビニ決済の導入

  1. 窓口での現金授受が減り、混雑緩和につながった
  2. 最寄のコンビニで支払いができるので、お客様から入金しやすくなったと好評

資料請求・お問い合わせ

新規お問い合わせのお客様:0120-727-702

既にご利用のお客様:0120-138-550。※携帯電話でのお問い合わせは03-6204-0673まで

ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

新規お問い合わせのお客様:0120-727-702

既にご利用のお客様:0120-138-550。※携帯電話でのお問い合わせは03-6204-0673まで


  • 集金代行サービスとは?
  • 口座振替サービス
  • コンビニ決済サービス
  • ご請求先グルーピング機能
  • 介護報酬ファクタリングサービス
  • 課題から選ぶ課題から選ぶ
    • 資金管理の効率化
    • お取引先へのサービス向上
    • 業務負荷の削減
    • コスト削減
  • 導入事例/ケーススタディ
  • よくあるご質問
  • 口座振替サービス「専用Webサイト」体験版はこちら
  • コンビニ決済サービス「専用Webサイト」体験版はこちら