導入事例/ケーススタディ

パソコン教室 回収用途:受講料回収

導入事例 一般社団法人全国優良パソコン教室協会 様

回収用途:受講料回収

導入のきっかけ

  1. 現金回収の場合は教室での現金管理が心配
  2. 生徒さんの受講料支払い方法を便利にしたい
  3. 受講料以外にもテキスト代・物販等の回収にも利用できる点

選定理由

  1. 利用しやすい手数料設定
  2. 利用件数に制限がないこと
  3. 専用フリーダイヤルによる安心のサポート体制
  4. リコー製品を使用しており、リコーブランドに対する安心感があったこと

導入効果

  1. 支払いが便利になったことで生徒さんの長期継続率が高まった
  2. 現金管理がなくなり教室運営に専念できるようになった

上記のような使い勝手のよさ、導入効果から当協会に加盟する各パソコン教室にも自信を持って採用を薦めています。

【お客様プロフィール】
2007年2月、地域密着型のパソコン教室を経営する6教室が集まり、生徒さんにとって使いやすい、理想のテキストを作ろうと活動を始める。
自分たちの持っているものを差し出して、多くの方に使っていただきたいというGiveの精神で有限責任事業組合として発足。
会員が増え活動も拡大してきたので2011年より一般社団法人に組織を移管。
情報交換をしながら互いに切磋琢磨し、協力し合ってより良い教室経営をしていこうという気持ちがひとつになって、現在に至る。

パソコープ:
http://www.pasocoop.org/

以下では、導入事例とは別のケースをご紹介します。導入前の悩みから、導入の決め手、導入後の効果など、わかりやすく解説します。

ケーススタディ Kパソコンスクール

■導入前

受講料の回収は毎月月末に教室に持参してもらっていた

【ケーススタディモデル】
パソコン教室を3校展開、各校に100名の生徒を抱える

  1. 現金を教室で保管することがリスクだった
  2. 持参忘れ等で期日とおりに回収できないことがあり、資金計画に支障を来たすおそれがあった

■導入の決め手

  1. ご請求先グルーピング機能 ※1 詳細はこちら
  2. 導入コスト0円※2

※1 専用Webサイトでクラスごとに入金を管理できます
※2 Windows2000以上IE6.0以上のPC環境が必要です

■導入後

口座振替サービスの導入

  1. 現金を持参しなくなったので、生徒の安全が確保され期日管理が容易にできるようになった
  2. 教室に現金を保管しないので、保管リスクがなくなった
  3. ご請求先グルーピング機能で学年、クラス、コース単位で請求業務を管理でき、一時的な金額変更にも対応できるので事務作業もカンタン

資料請求・お問い合わせ

新規お問い合わせのお客様:0120-727-702

既にご利用のお客様:0120-138-550。※携帯電話でのお問い合わせは03-6204-0673まで

ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

新規お問い合わせのお客様:0120-727-702

既にご利用のお客様:0120-138-550。※携帯電話でのお問い合わせは03-6204-0673まで


  • 集金代行サービスとは?
  • 口座振替サービス
  • コンビニ決済サービス
  • ご請求先グルーピング機能
  • 介護報酬ファクタリングサービス
  • 課題から選ぶ課題から選ぶ
    • 資金管理の効率化
    • お取引先へのサービス向上
    • 業務負荷の削減
    • コスト削減
  • 導入事例/ケーススタディ
  • よくあるご質問
  • 口座振替サービス「専用Webサイト」体験版はこちら
  • コンビニ決済サービス「専用Webサイト」体験版はこちら