導入事例/ケーススタディ

病院・クリニック 回収用途:診療費

導入事例 医療法人社団 伍光会 田園調布醫院 様

回収用途:診療費

導入のきっかけ

訪問診療という性格上、診療費を現金集金することは煩雑かつリスクのあることは以前からの課題と認識しており、件数が増えてきたら、いずれは便利な口座振替を利用しようと思っていました。

選定理由

医師会の会合に院長が出席した際にリコーリースの集金代行のセミナーがあり、コスト面、将来の導入効果を検討すると今が採用するタイミングだということで採用しました。

また、以下も重要なポイントとして感じております。

  1. 初期費用不要であること
  2. 少件数から利用が可能であること

導入効果

効果としては、

  1. 患者様・ご家族都合の良い方をお選びいただけるので、ほぼ期日どおりに回収できております。また、入金管理が一元化できるため、将来的には事務効率もあがると期待しております。
  2. 操作等わからない時はフリーダイヤルへ連絡しますが、対応も早く、親切にわかりやすく教えてもらえるので助かっております。

【お客様プロフィール】
平成16年10月から多摩川のほとり田園調布南の地に開設以来、「心に通いあう医療」「地域の方々の健康に寄与する」「高齢化社会に向けた医療を提供する」を基本理念としてのもとに歩む。
高齢者の専門的かつ総合的な医療機関として訪問診療、訪問看護、訪問リハビリなどを行う。
患者さまに安全かつ感動のある医療をめざし、今後も患者様により優しい医療を提供し続けることを目的としている。

以下では、導入事例とは別のケースをご紹介します。導入前の悩みから、導入の決め手、導入後の効果など、わかりやすく解説します。

ケーススタディ 訪問診療Fクリニック

■導入前

訪問診療時に診療費(自己負担額)を集金にて現金回収

【ケーススタディモデル】
歯科の訪問診療を行っており月に50件ほど訪問

  1. 診療費(自己負担額)は少額で端数が細かく集金時の釣銭用意が大変
  2. 現金集金は紛失の心配がある

■導入の決め手

  1. 導入コストO円※
  2. 1件から対応可能
  3. 安心のサポート

※ Windows2000以上IE6.0以上のPC環境が必要です

■導入後

口座振替の導入

  1. 現金を扱わなくなったので診療業務に集中できるようになった
  2. 家族口座、本人口座どちらも利用できるので患者様からは便利と好評

ページの先頭へ


  • 集金代行サービスとは?
  • 口座振替サービス
  • コンビニ決済サービス
  • ご請求先の部課所管理機能
  • 介護報酬ファクタリングサービス
  • 課題から選ぶ課題から選ぶ
    • 資金管理の効率化
    • お取引先へのサービス向上
    • 業務負荷の削減
    • コスト削減
  • 導入事例/ケーススタディ
  • よくあるご質問
  • 口座振替サービス「専用Webサイト」体験版はこちら
  • コンビニ決済サービス「専用Webサイト」体験版はこちら